HOME > キリモトのこと

輪島キリモトのこと

江戸時代後期から明治にかけては輪島漆器製造販売を営んでおり、昭和の初めに木を刳ることを得意とする「朴木地屋」を創業。
特殊漆器木地をはじめ、家具全般をも手掛ける設備を整えました。
七代目・泰一は、大学でプロダクトを専攻、企業でオフィスプランニングに携わった後、輪島に帰郷。木地業の弟子修行を4年半行い、木地業からの造形提案、デザイン提案、漆器監修などを始めました。
「朴木地屋」を生業としながら、30〜40代の力ある職人さん達と一緒に漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、漆が今に暮らしにとけ込むような可能性に挑戦し続けています。


桐本木工所(輪島工房)

輪島市内へと続く道の途中に輪島キリモトの工房はあります。
工房の1階には、木材を加工する大型機械があり、壁には道具や、これまで手掛けてきたものの型が並んでいます。2階には、木地仕上げを行う部屋と漆作業を行う部屋があり、これまで受け継がれてきた様々な道具、材料が出番を待っています。
こちらでは製作の様子、木地サンプルなどをご覧いただくことができます。
※見学、打合せをご希望の場合は予めご連絡くださいませ。
※作業内容により見学いただけない場合がございます。ご了承ください。


〒928-0011 石川県輪島市杉平町成坪32
Tel :0768-22-0842
Fax:0768-22-5842
E-mail:houkiji@big.or.jp


▶ 職人 & スタッフ

うるしの事務室(東京事務所)


東京・江東区にあります「うるしの事務室」では、
木と漆、布と漆、和紙と漆、珪藻土と漆など
漆の内装や家具、木地サンプルをご覧いただけます。
特注品や家具などのご相談も承りますので、
見学、打合せをご希望の方は、ご連絡くださいませ。


〒135-0007 東京都江東区新大橋1-4-11-302
Tel & Fax:03-3631-0281
E-mail:urushinoma@kirimoto.net

輪島キリモト・日本橋三越店


2004年10月、東京・日本橋三越本店本館5階に
木と漆の手仕事を基本とした「輪島キリモト・日本橋三越店」を開店。
使い手の方々と一緒に育ち続けるモノ、
いつまでも愛着を持ち続けられるモノを創り出していきたいと思います。
漆の天板、家具オーダーなどのご相談も承ります。


〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店 本館5階 デイリー和食器
Tel :03-3274-8527
Fax:03-3274-8763
営業時間:10:30〜19:30
※フロアにより営業時間が異なります。
 詳しくは【 日本橋三越本店HP 】
 ご確認ください。

輪島キリモト・本町店

昭和47年まで工房だったこの場所が、桐本木工所・本町店として再オープンしました。普段見る機会の少ない、漆を塗る前の様々な「木地」も販売しています。桐本木工所の原点である「木と漆」の仕事をご覧いただけます。

■ギャラリーわいち
輪島市河井町わいちにて運営してきた「ギャラリーわいち」は新体制の元、「輪島キリモト・本町店」内の一部に移転しました。新体制メンバーは小田原延子、谷内直人、小田原寛、桐本泰一です。前ギャラリーわいちでご購入いただきました商品につきましても、メンテナンスなども承ります。


〒928-0001 石川県輪島市河井町1-172
Tel & Fax:0768-22-7494
Mail:honmachi@kirimoto.net
営業時間:
月〜金 8:30〜12:00
※12:00以降のご来店をご希望の場合は、
0768-22-0842(工房)にお電話ください。
土日祝 8:30〜15:00
定休日:水曜日

輪島キリモト・金沢店


昭和40年代に建てられた木造アパートをリノベーションし、
鞍月舎として新たなスタートをきったこの場所に、
「輪島キリモト・金沢店」が開店しました。
輪島キリモトの木とうるしの仕事、輪島、能登の熱いヒト・モノ・コトを
発信する場所として、また、様々な人と素材が出会い繋がる場所として、
金沢店が発展していくことを願っております。
金沢にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


〒920-0994 石川県金沢市茨木町56-3鞍月舎C-1
Tel & Fax:076-254-0058
Mail:kanazawa@kirimoto.net
営業時間:11: 00〜18: 00
定休日:水曜日