木のしごと|輪島キリモト・桐本木工所 | 木製品・漆器・漆小物・家具・建築内装

HOME > 木のしごと

輪島の漆モノづくり

日本海に面した石川県・輪島市。
漆器の産地でもあるこの土地では、「塗師屋 ぬしや」と言われる産地をとりまとめる親方衆から仕事が始まります。お客さんからの注文を取り、協力工房への発注・デザイン・プロデュース・販売を一手に請け負っているのです。そこから「木地 きじ」「下地 したじ」「上塗 うわぬり」「研ぎ とぎ」「蒔絵 まきえ」「沈金 ちんきん」「呂色 ろいろ」など細かく分業された専門の職人の手を渡り、1つのモノがつくられていきます。
その中でも「木地」は、つくるものによって4つに分かれています。

椀木地  … ケヤキ・みずめ桜・トチ・クリを用い、轆轤を使って椀・皿・盆などをつくる。
曲物木地 … アテ、ヒバ、ヒノキの柾目を用い、丸盆やおひつなど、側面の板を曲げてつくる。
指物木地 … アテ、シナ工芸板を用い、重箱や膳、硯箱など板を組み合わせてつくる。
朴木地  … 指物木地より分離したもの。猫脚・仏具・匙など木を刳り出してつくる。
      主に「朴 ほお」の木を使うため、この名前がついた。


受け継がれてきた木のしごと

輪島キリモト・桐本木工所は、漆器から木地にいたるまで約 150 年以上モノ作りに関わっています。 そんな桐本の原点は「木」の仕事にあるようです。
江戸時代末期から漆器製造業を生業とし、塗師を経てきた桐本家の先代。昭和の初め、輪島の朝市通りで知られる本町通りの中程に、桐本木工所・初代久幸が自宅兼工房であるその場所で「朴木地屋」として独立をしました。適度な堅さと加工性を持つ「朴」を使い、猫足、屈足、仏具、神具、匙、しゃもじなどといった「木を刳る」ことで生まれる複雑な木地加工を専門に手がける仕事です。決して広くはないその工房で、腕の良い職人たちと共に早朝から夜遅くまで木地を作り続けました。その仕事ぶりは、冬のカンナ削りで、頭から湯気が出るほどの集中力だったそうです。

そんな父の姿を見てきた二代目俊兵衛は、高校卒業後すぐに家業を継ぎました。
昭和30年代後半から40年代の高度経済成長期に、和室、洋室家具全般までも手がける設備投資を行い、倉庫や新工場を少しずつ整えていきます。

そして、三代目泰一は大学でプロダクトを専攻、企業でオフィスプランニングに携わった後、輪島に帰郷。木地業の弟子修行を4年半行い、代表者である俊兵衛の経営補佐をしながら、木地業からの造形提案、デザイン提案、漆器監修などを始めました。木地の職人だけでなく、漆を専門に手がける職人も加わったことで、桐本木工所の領域はさらに広がります。産地内の創り手たちとの交流、都市部で暮らしを愉しむデザイナーとの取り組み、生活の中で木や漆が当たり前に使ってもらえるようにと、さまざまな可能性に挑戦しています。


木地屋だからできること


▼ 意匠・技術

日本の誇るべき文化である「漆」。生活の中で使うことで、人の気持ちを豊かに穏やかにしてくれるものだから、多くの人に木と漆をつかってもらいたいと想う。そして、輪島の伝統と文化、桐本木工所の技術を次の世代へと渡すべく、伝え創り続けている。

mokkosyo_019.jpg
木地屋は塗師屋からきた注文を詰めるために、実際に図面を引き、塗師屋の意図を汲み取り、モノの形に落とし込んでいく。三次元の造形感覚が必要不可欠とされる木地屋。デザインからプロデュースまで手掛けることができる輪島キリモト・桐本木工所では、様々な要望に応えることができます。


mokkosyo_007.jpg
30代〜40代の木地職人、漆塗り職人を抱え、木地業だけでなく、自らが企画した商品をつくり販売するという体制を整えている輪島キリモト・桐本木工所。これは、古くから輪島塗り産地として栄え、分業が主流となっている輪島の中では珍しいことだと言えます。
木地屋として確かな技術と実績があるからこそ、木地の注文から、仕上げまで行うことができます。


▼ 素 材

木地づくりは、素材となる木を選ぶことから始まる。漆を施す場合、土台となる木地は見えなくなってしまう。しかし、木地の善し悪しは完成した製品を使っているうちに顕著に現れるため、仕上げを支える木地には高度な技術と精度が要求される。漆仕上げまで行う輪島キリモト・桐本木工所では、木や漆はもちろん、漆と掛け合わせて使用する珪藻土、布、和紙なども良質な素材を使用しています。

mokkosyo_017.jpg天然木 を丸太で購入した後、木を落ち着かせるために、天日で3年、屋根だけある場所で1年ほど自然乾燥させ、さらに倉庫で5、6年寝かせます。性質の良い木材は、10〜20年以上寝かせることもあります。桐本木工所の所有する木材は、朴、セン、タモ、ヒバ、桐、そして輪島の地元材でもあるアスナロなど。特に、朴は適度な硬さと柔らかさを持ち加工がし易く、耐水性にも優れています。アスナロはヒノチオールの香りが清々しく、防虫、防腐の機能、耐水性にも富んでいるのが特徴です。

urushi_010.jpg
は、漆の木から取れる樹液です。樹齢10〜15年ほど経った漆の木に傷をつけて、滲み出てくる漆(樹液)を職人が掻き取って集めていきます。一本の木から取れる量は約200グラムほど。全てが手作業で行われ集められた漆は、とても貴重なものなのです。輪島キリモト・桐本木工所では、噐、小物、家具、建築内装など用途・仕様に応じて木に漆を塗り重ねていきます。


jinoko_010.jpg珪藻土(けいそうど)
輪島市内の小峰山から産出される珪藻土を焼成粉末にしたものを「輪島地の粉」といいます。輪島で産出される珪藻土は特に純度が高く、ガラス質で硬く、表面には微細な気孔が無数にあいているため漆がよく染み込みます。これが堅牢な輪島の漆モノをつくり出すのです。「輪島地の粉」を糊漆(米糊に漆を混ぜ合わせたもの)に混ぜたものを「地漆」といい、下地塗りに使用します。
さらに輪島キリモトでは、下地で使用されていた「蒔地技法」を、仕上げにも応用しオリジナルの「makiji(蒔地)」「千すじ」仕上げを誕生させました。これらの技法は、漆の質感を保ちながら、金属のカトラリーが使えるほど表面硬度の高い仕上げです。

mokkosyo_039.jpg布・和紙
輪島塗りでは、椀の縁や高台、内側の底面など摩耗しやすい部分に、糊漆で布を張り補強をする「布着せ」という工程があります。布は「麻布」「寒冷紗(かんれいしゃ)」を使用しており、この工程を行うことで、長く使い込んで傷んでも「直す」ことができるのです。輪島キリモト・桐本木工所では、布や和紙の表情を活かした漆仕上げも行っています。家具やインテリア小物、建築内装材に至るまで、表情豊かな漆モノを提案いたします。


▼ 道 具

モノづくりで欠かせないのが道具である。木工機械をはじめ、同じ形をつくるための型。人の手による加工を得意とする輪島キリモト・桐本木工所では、鉋やノミ、彫刻刀など、つくものに合わせて、職人自らが道具もつくり出します。

mokkosyo_031.jpg型・治具(じぐ)
木地づくりでかかせないのが「型」。図面をもとに厚紙で型をとり、それを板に写し、同じ形をいくつもつくるための「治具」をつくる。匙から仏壇まで、木地屋が手掛けるもの全てには治具があり、そのパーツごとの型がある。桐本木工所には、明治、大正時代の漆器組合図録にある朴木地、箱木地をはじめ、その後桐本独自の技術によって生み出されていったもの、、、数えきれないほどの型、治具がある。それらはこれまで行ってきた木のしごとの証。

mokkosyo_048.jpgノミ・彫刻刀・(かんな)
木を刳り出すのに欠かせないノミや彫刻刀は、刃先が針のようにとがったものや、湾曲したもの、刃先の太さや長さの違うものが数多くあり、新しい形をつくるごとに増えていく。
そして、鉋の種類は三百丁以上。つくるものの形状、職人自身の手に合わせ、鉋もつくる。小さな匙の丸い曲面をつくる際には、指に隠れて見えないほどの豆鉋が使われる。裸足のまま胡座をかいた職人の足の指に匙が押しあてられ、体と道具を一体化させて削っていく。
職人の体もまた、道具のひとつ。


▼ 刳 る


mokkosyo_011.jpgmokkosyo_036.jpg
さまざまな大きさの鉋やノミ、彫刻刀を使い、人の手により木をくり出していく。猫脚、鷺脚、仏具、匙など機械ではつくれない複雑な形状も手掛けることができます。


■ 木地見本 木地での販売、仕上げまでのオーダー等も承っております。
w_hoo_36_01.jpgH-36. 花形皿(優品形態模写)/朴w_hoo_36_03.jpgH-36. 花形皿 w_hoo_35_01.jpgH-35. 香炉卓/朴・シナ工芸板w_hoo_35_02.jpgH-35. 香炉卓


w_hoo_39_01.jpgH-39. 硯箱・光琳型/朴・ヒバw_hoo_39_02.jpgH-39. 硯箱・光琳型w_hoo_40_01.jpgH-40. 小箱・光琳型/朴・ヒバw_hoo_40_02.jpgH-40. 小箱・光琳型


w_hoo_42_01.jpgH-42. 手箱・片輪車螺鈿蒔絵手箱型(優品形態模写)/ヒノキw_hoo_42_02.jpgH-42. 手箱・片輪車螺鈿蒔絵手箱型w_hoo_43_01.jpgH-43. 硯箱・銅張り隅丸/朴・ヒバw_hoo_43_02.jpgH-43. 硯箱・銅張り隅丸


w_hoo_41_01.jpgH-41. 手提げ重・ぎんなん面/ヒバ・あすなろw_hoo_41_02.jpgH-41. 手提げ重・ぎんなん面w_hoo_38_01.jpgH-38. 喰籠・阿古陀型/朴・ヒバw_hoo_38_02.jpgH-38. 喰籠・阿古陀型


w_hoo_44_01.jpgH-44. 香炉・木瓜型/ヒバw_hoo_45_01.jpg朴45. 香炉・阿古陀型/ヒバw_hoo_47_01.jpg朴47. ほたて皿/朴w_hoo_47_02.jpg朴47. ほたて皿/朴


w_hoo_46_01.jpg朴46. 茶托・輪花型/朴w_hoo_48_01.jpgH-48. しゃもじ/朴w_hoo_49_01.jpgH-49. 貴具鉢杓子/朴w_hoo_50_01.jpgH-50. フォーク/朴


w_hoo_51_01.jpgH-51. 皿/朴w_hoo_51_02.jpgH-51. 醤油皿w_hoo_52_01.jpgH-52. 小箱・扇面型/ヒノキw_hoo_52_01.jpgH-52. 小箱・扇面型



▼ 組 む


mokkosyo_014.jpgmokkosyo_033.jpg
箱や膳、盆など板を組み合わせて形状をつくり出す。
家具から3cm角の極小サイズの小箱まで、精密につくることができます。


■ 木地見本 木地での販売、仕上げまでのオーダー等も承っております。
w_sashi_19_01.jpgS-19.文箱・隅丸/ヒバ・あすなろ・シナ工芸板w_sashi_19_02.jpgS-19.文箱・隅丸w_sashi_20_01.jpgS-20.手元箱・板蓋/ヒバ・シナ工芸板w_sashi_20_02.jpgS-20.手元箱・板蓋


w_sashi_23_01.jpgS-23.弁当箱・二段・箱蓋/あすなろw_sashi_23_02.jpgS-23.弁当箱・二段・箱蓋w_sashi_24_01.jpgS-24.弁当箱・二段・かぶせ蓋/朴w_sashi_24_02.jpgS-24.弁当箱・二段・かぶせ蓋


w_sashi_25_01.jpgS-25.うなぎ弁当箱・かぶせ蓋/あすなろw_sashi_25_02.jpgS-25.うなぎ弁当箱・かぶせ蓋w_sashi_26_01.jpgS-26.姫硯箱・大/ひのきw_sashi_26_02.jpgS-26.姫硯箱・大


w_sashi_27_01.jpgS-27.姫硯箱・小/ひのきw_sashi_27_02.jpgS-27.姫硯箱・小w_sashi_29_01.jpgS-29.小箱/ヒバw_sashi_29_02.jpgS-29.小箱


w_sashi_30_01.jpgS-30.小箱/ヒバw_sashi_30_02.jpgS-30.小箱w_sashi_31_01.jpgS-31.小箱/ヒバw_sashi_31_02.jpgS-31.小箱


w_sashi_32_01.jpgS-32.姫三段重/ヒバw_sashi_32_02.jpgS-32.姫三段重w_sashi_353433_01.jpgS-33,34,35.小箱/ひのきw_sashi_35_02.jpgS-35.小箱


w_sashi_22_01.jpgS-22.四方入れ子/ヒバ


■ 製品 現在、店頭・企画展などで販売している商品をご紹介いたします。
w_item_01.jpgw_item_02.jpg


ダストボックス
白木 : 参考商品


w_item_05.jpgw_item_06.jpg


衣装盆
500×350×h80 mm : オイル ¥32,400


w_item_03.jpgw_item_04.jpg


ティッシュボックス
260×130×h65 mm : 白木 ¥10,260



▼ その他


mokkosyo_040.jpgmokkosyo_018.jpg
板を削りだし、楕円形に桶組みする技術や、板ものの製作も行っています。


■ 木地見本
木地での販売、仕上げまでのオーダー等も承っております。
w_ita_02_02.jpgI-02.雪才盆/あすなろ・シナ工芸板w_ita_12_02.jpgI-10.楕円皿・縁あり/シナ工芸板w_hoka_02_01.jpgB-02.真手桶/あすなろ・シナ工芸板w_hoka_03_01.jpgB-03.ピッチャー/あすなろ



■ 製品 現在、店頭・企画展などで販売している商品をご紹介いたします。
n_oke_all_01.jpg


楕円桶
特大 405×357×h216 mm : 無塗装 ¥73,440
大  345×297×h216 mm : 無塗装 ¥68,040
中  295×240×h200 mm : 無塗装 ¥48,600
小  245×190×h180 mm : 無塗装 ¥46,440



▼ 施 す


mokkosyo_022.jpgmokkosyo_034.jpg
漆塗り職人もいる輪島キリモト・桐本木工所では、漆仕上げまで行うことができます。麻布、和紙、珪藻土などの天然素材と漆を組み合わせ、表情豊かで用途の広い漆を提案いたします。



online_icon_01.png
honamachi_icom.png
kanazawa_icom.png
mitsukoshi_icom.png

inquiry_icon_01.jpg

fb_icon_75×75.png輪島キリモト・桐本木工所のfacebookページです。
ぜひご覧ください。

furniture_icon_02.jpg
structure_icon_02.jpg
topcoat_icon_02.jpg

media_icon_02.png
mono_icon_02.png
note_icon_02.png
tsushin_icon_02.png
tech_icon_02.png
care_icon_01.png
people_icon_01.png